<< 野球ファンとして ベタ甘を知る >>
安心感
評価:
宇江佐 真理
集英社
¥ 1,575
(2009-10-05)

JUGEMテーマ:読書


もとが「泣きの銀次」になっていて、スピンオフっぽい一冊。
ただ、もとネタをすっかり忘れてしまって、感動が薄くなってしまったのが残念。
今回はかわいい女の子が主人公だったし、読みやすくって
読んで手安心感があるというか、安定した一冊でした。
さらっと読めて、いいね。
高校生のときに、授業そっちのけで「泣きの銀次」なんて読んでたから
まれちゃんにはずいぶんつっこまれたなぁ。。。
Posted by:かやの
category:時代小説 comments(1)
 
スポンサーサイト
Posted by:スポンサードリンク
category:- -
 
コメント
だって、シブすぎるもんw
でもツッコミどころは他の本でもいっぱいあったがね!
Posted by:まれ at 2010.12.06
コメントする
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 April 2020 
Profile
CATEGORIES
COMMENTS
CHECK!
LINKS
Others