スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by:スポンサードリンク
category:- -
 
<< 大みそかの夜に ホストと探偵 >>
どこかで泣いてる誰かのために
評価:
伊坂 幸太郎
中央公論新社
¥ 1,575
(2009-11-26)

年明けて、今年最初に読了したこの一冊。
伊坂作品は図書館→文庫という流れで、今まで単行本は買っていなかったのですが、今回ここにきて初購入。
新聞切り抜きもムダに全部とってあるのに何で買っちゃったのかって、次に刊行される五十嵐コミック版と並べてみたかった――という。あ、実にどうでもいい。
しかし連載時から思ってはいたけれど、コラボ作品だからか、いつもの伊坂とは毛色が違うというか何だかちょっとわかりにくいなぁ、なんて。

モチーフのひとつなっている『西遊記』については、中学生の頃、読書感想文の題材にと福音館上下巻版をとりあげ、ものの一章あたりで挫折したという情けない思い出が残るのみ。
結局、『西遊記』のラストってどうなるんでしたっけね?
Posted by:一杏
category:小説 comments(5)
 
スポンサーサイト
Posted by:スポンサードリンク
category:- -
 
コメント
言われてみれば、西遊記なんてドラえもんと宮沢りえのドラマでしか知らないなぁ。でもイサコウはやっぱり読みたいっす。ゴールデンスランバーの映画もかなり期待しています。
Posted by:かやの at 2010.01.19
イサコウ映画。結局ひとつも見ないままどんどん追加されていきますよ。
今年は、何か観ようかなー
Posted by:一杏 at 2010.01.20
けっこうがんばってるよ!辛口の私が言うんだから、良い方だよ。ゴールデンスランバーは堺雅人に吉岡君なので、かなり要チェキです。
ジ○トで見たいねぇ!
Posted by:かやの at 2010.01.25
とすると、かなり良いんじゃない!?笑)
キャストはどれも豪華だよね。
よし、じゃあ、さしあたって、録りっぱになってる「アヒルと鴨」から消化してみよう。
Posted by:一杏 at 2010.01.26
結果はどうだったんでしょう? 気になる〜。
私もイサコウ映画は、まだ1作品も観てはいない。

『西遊記』のラスト・・・天竺についてバイバイじゃないの??
Posted by:まれ at 2010.12.06
コメントする
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 October 2019 
Profile
CATEGORIES
COMMENTS
CHECK!
LINKS
Others