スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by:スポンサードリンク
category:- -
 
さすが ザ・大どんでん返し
JUGEMテーマ:読書

ミステリーでいいの?
最近どこら辺がミステリーかよくわからなくなってきた・・・。

身近に道尾好きがいるもので、
ちょっとずつ読んでいます。
さすが、としか言いようがない
相変わらずのどんでん返し。
しかし、全体的に明るいのがいいね!
かわいいシーンも盛りだくさんで読みやすかったし。
とにかく何を言ってもネタバレになりそうでこわいので
この辺にしておきますが
うーん、どんでん返しにスッキリ!ラストにスッキリ!



Posted by:かやの
category:ミステリー comments(0)
 
良かった
評価:
逆鱗×斉藤和義,いっとくブラザース,逆鱗,斉藤和義
ビクターエンタテインメント
¥ 1,300
(2009-02-25)

JUGEMテーマ:読書


これも今更ですが
雨の土曜日。
見ました。良かった。
基本、伊坂作品の映画化ってどうなんだ?と思って
いつもこわごわ見るんですが
いいね!
斉藤和義やるなぁ!やっぱりあの歌がかっこいいからですね。

ちあみに「3652」も読み終えたところです。
面白くて、エッセイなのに珍しく文庫で買ってしまいそうな気が・・・
Posted by:かやの
category:ミステリー comments(0)
 
今更ですが・・・
JUGEMテーマ:読書


やっぱりカケルが必要なんだ!!


ということで
いや、ちゃんと読んだのはずっと前ですが
どう書こうか迷ってるうちに時が立ち・・・
いまやツイッターもあるというのに
せっかくなので、書いてしまいました。

誰かほんとに読んでくれないかなぁ!!
カケル友達が欲しいよ(ねぇ、一杏ちゃん・・・ちらっ)
Posted by:かやの
category:ミステリー comments(0)
 
こんな列車はイヤだ
評価:
伊坂 幸太郎
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,680
(2010-09-23)

例によって『グラスホッパー』の内容は薄れきっていたので、ニヤリ感は半減でしたが、単体でも問題なく楽しめます。久々に長編モノの一気読みしたなー 王子サマに早いとこ「ぎゃふん」と言ってほしくて(笑)
やはり伊坂作品はリンク・パズル形式のが燃えます。
とりあえず、〈顔面が激しく自己主張する機関車〉を詳しく調べたくなりました。キャラクターあんなに居たのか。私はゴードンが何か好きですよ。
Posted by:一杏
category:ミステリー comments(0)
 
いつの間に
JUGEMテーマ:読書


特に目的もなく図書館の棚を眺めていて手に取った一冊。
笠井潔だし、日本が舞台みたいだからカケルは出てこないだろうけど、読んでみよっか、と思って借りてみると・・・!!
ナディアが出てくるではないの!!
十年くらい経ってるではないの!!
今、読んでます!あまりにもうれしくって、興奮したのでひとまず投稿。
読みおえたら、全文書き直しますので。。。
あぁ、毎日泣きそうなほどうれしい。カケル出てこないのかなあ。。。
Posted by:かやの
category:ミステリー comments(1)
 
ほぅ
推理小説をいっさい推理して読まない私のような人間は、叙述トリック作品において恰好の読み手なんだろう、と思います。
あの作品とか、かの作品とか。
今回も「おおっ」とすかっと騙されました。
そこで、ほんのちょっとコンチクショウと思ってしまったのは、そこから巻き戻って、も一度ポイントを拾い読みしてさらわなくちゃ気がすまない、手間があるとか。いやいや。
でも、この読み方は変えられませんがねー
Posted by:一杏
category:ミステリー comments(0)
 
読み返してます!
JUGEMテーマ:読書


かなり久しぶりに森博嗣を読んでます!
読み出すと、以前読んだものも気になって、一部Gシリーズも読み返してます。
調べてみるとなにやら作者がそのうち引退だとか言う話も聞いてびっくりです。どうなってるの?
そして、もう登場人物がごちゃごちゃです。相関図が欲しいです。ネットには出てそうだけど・・・。まれちゃんは読んでますか??
Posted by:かやの
category:ミステリー comments(1)
 
ホストと探偵
評価:
加藤 実秋
東京創元社
¥ 714
(2008-03-11)

キャストが気になったので見ていたりするニュー昼ドラ「インディゴの夜」。
併せて原作もチェック。
結論、ドラマは原作いいトコ取りの昼ドラ要素をちょいと(けっこう?)味付け、と。
晶さんの設定を除けば、ドラマはかなり好きです。いや、決してイケメン揃いだからってワケじゃあないですよ!


チョコレートビースト ホワイトクロウ
Posted by:一杏
category:ミステリー comments(0)
 
締めだというのに・・・
エラリー・クイーン
東京創元社
¥ 693
(1983-04)

乙一も森博嗣も他のアルファベットの時に登場してるんです。
つまり作家でかぶるから、彼らの作品が使えない!(確かそういうルールだった)
よって、これまた「Z」が見つからない。

そんな訳で、ほんとに王道の翻訳モノにしてしまいますた。

これで26字終了! お疲れさま〜自分。
Posted by:まれ
category:ミステリー comments(2)
 
れ【レベル】程度。水平線。
レベル7まで行ったら戻れない―。

謎の言葉とか、記憶喪失とか、先が気になって最後まで一気に読めます。
これ読んで、確か高校生の時に読書感想画を描いたよなぁ・・・。
なんとまた懐かしい。
夏休みか何かの宿題で、読書感想「文」ならぬ 読書感想「画」がね、
あったよね? そういう面倒な宿題。

宮部みゆき作品のなかでも、結構好きな部類です。
Posted by:まれ
category:ミステリー comments(0)
 
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 October 2019 
Profile
CATEGORIES
COMMENTS
CHECK!
LINKS
Others